“ありふれた” を表す形容詞 a dime a dozen

イディオム

a dime a dozen の意味

“a dime a dozen”

このフレーズを聞いた事がある人は、結構いるのではないでしょうか?

a dime a dozen は形容詞で、ありふれた・ありきたりの・安っぽい・価値の低い物 という意味です。

That sort of festivals are a dime a dozen.

その類の祭りはどこにでもある。

 

Music like that are a dime a dozen these days.

最近では、そのような音楽はありふれている

a dime a dozen の由来

Dime(ダイム)とは、アメリカで流通している10セント硬貨のことです。

1796年にDime(10セント硬貨)が初めて発行され、その時代は1Dimeで卵1ダースやフルーツなどの食料品を買う事ができたそうです。

現代と比較したら1Dime(10 cent)の価値はそれなりに高かったように感じます。

しかし、せいぜい買えるのは日用品や食料品だったようですね。


アメリカではそれぞれのコインが別称で呼ばれています。

50 cent = half-dollar(現在はほとんど流通してないので、見かけること事が少ない)

25 cents = Quarter(クォーター)

10 cents = Dime(ダイム)

5 cents = Nickel(ニッケル)

1 cent = Penny(ペニー)

余談ですが、アメリカのラッパー 50cent の息子は 25cent と名付けられていますね。

“1ダース、1ダイム” = 安価でたくさん手に入る

dozenは”1ダース=12個“という意味です。

文字通り、1ダイム(10セント硬貨)で1ダース(12個)も買える安い品物ということから、ごくありふれた・掃いて捨てるほどある・その辺にいくらでもある・つまらないもの・簡単に手に入る、といった意味で使われるようになりました。


I found a few game shops in the mall nearby.
It looks like worth going.
Do you guys want to join me?

近所のショッピングセンターにゲーム屋が何軒かあるみたいだ。

寄ってく価値ありそうだな。

お前ら来るか?

Sounds good!
Count me in !

いいじゃん、俺いくわ!

Actually I came across the mall yesterday on my way home.
So I have checked a couple of them, but all the stores were a dime a dozen.

I think it’s not worth going..

実は昨日、帰り道にそのショッピングセンターに通りかかって、何軒か見てきたんだけど、全部ありきたりな店ばっかだったぞ。

行く価値ないと思うぜ。

Seriously?
what a shame..

まじかよ、残念。

Let’s hit somewhere else!

他の場所行ってみようぜ!

a dime a dozen の同意語

ten a penny はイギリスで使われている同様の表現です。

~be ten a penny もしくは ~ be two a pennyで ありふれた・価値の低い・どこにでもあるような、と行った意味になります。

These Methods are ten a penny nowadays.

これらの方法は現代ではありふれている

 

The cars like that are two a penny.

そのような車は二束三文だ。

覚えておくと便利な表現

~ be a dime a dozen (ten a penny)という形で覚えておけば、ありふれている・珍しくないものを表現する際に大変便利なフレーズです。

diem a dozen・ten a penny などを会話に織り込んで、英会話表現を豊かにしていきたいですね!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました