お金にまつわる表現 ”fork out” の意味・使い方

イディオム

fork outの用法

お金を渋々払わなければならない…。

こんなシチュエーションは人間生きていれば度々あると思います。

車の修理代、各種税金、各種保険、冠婚葬祭など、あげればたくさん出てきますね…。

では一般的なお金を払うと言う動詞”Pay“とは少し違ったこの”fork out“と言う表現の使い方を見ていきましょう!

必要経費として

 

EX1   I had to fork out 100 dollars for fix the copy machine.

コピー機を修理するのに100ドル払わなければならなかった。

“fork out”は渋々お金を払うと言う意味になります。

このforkは食事の時に使うフォークですね。

 

ちなみに”fork out“の代わりに”fork over“(譲り渡す)でも同様の表現になります。

EX2   A:Are you going to fork out for a new suit after all?

B:No, I  already have one and I ’m gonna go with that for Jim’s wedding.

A:結局新しいスーツを買うの?

B:いや、ジムの結婚式には既に持ってるやつを着ていくよ。

何か必要でどうしても買わなければならないものにお金を払う場合もこの”fork out“は使えます。

仕事で着用するサラリーマンのスーツなんかも”fork out“するものと言えるんでないでしょうか。もはや営業マンの制服のようなものなのに、自腹で購入しなければならないと言うのも納得が行かない気もします。

ビジネス的な場面でも

EX3  The company had to fork out tremendous amount of money for financial deficit.

その会社は財政赤字のために莫大な額の資金を調達しなければならなかった。

この”fork out”はお金を払いたくない(reluctantly,unwillingly)けど払わないわけには行かない場合の状況を表すのに便利なフレーズですね。

fork outのスペリングには要注意

ちなみに”forkout”と繋げてしまうと全く違う意味の少し下品なスラング”forkout“(fuxkとworkoutを繋げて..爆)とも取られてしまう可能性もあるので要注意です(笑)

必ず”fork out”と、forkとoutの間にスペースを入れ忘れないようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました